会社案内|Trust & Technology 株式会社日本テレシス

会社案内

ごあいさつ

日本テレシスは、1988年(昭和63年)の創立から一貫して通信系、制御系のソフトウェア開発を専門に行っている独立系企業です。また創立以来企業目標である「少数精鋭による開発効率の向上」「品質の向上」「開発管理の徹底」「スピーディで柔軟なフォロー」「信頼される企業」および「人材の育成」は、全社一丸となり注力してまいりました。

この半世紀でICT市場における情報機器の変化のスピードは、めまぐるしく目を見張るものがあります。スマートフォン、カーナビゲーション、デジタル放送などの情報機器は生活に欠かせないものとなりました。今後はウェアラブル端末、ヘルスケア、家電製品までがIoT(Internet of Things)やM2M(Machine to Machine)で結び付き、様々な場所で使用されていきます。

このようなICT市場の急速な移り変わりに、お客様からは短い開発期間で品質が高いソフトウェアを求められています。当社が創立以来培ってきた技術の蓄積と経験は他社にはない強みとなり、お客様の要望に対し最善の方法を積極的に提案しソフトウェア開発に取り組んでまいりました。これらの実績と成果がお客様からの高い信頼を頂き、現在の日本テレシスを築いています。

当社はこれからも日々一層努力し、新たな挑戦にも労を惜しまずチャレンジしてまいります。

代表取締役社長 中山 誠一

会社概要

会社名 株式会社 日本テレシス
所在地 〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目15番16号 NMF新横浜ビル3F
TEL 045-474-2380
FAX 045-474-2385
資本金 1,510万円
役員 代表取締役社長 中山 誠一
専務取締役   船水 俊毅
取締役     工藤 祐次
取締役     重松 徹
取締役     土橋 秀章
従業員数 38名
設立年月 1988年(昭和63年)8月1日
年商 3億1千7百万円(平成28年度実績)
決算期 3月末
主要取引銀行
横浜信用金庫
新横浜支店
三井住友銀行
新横浜支店
三菱東京UFJ銀行
新横浜支店
グループ会社 株式会社テレシス・ワン
事業内容 ソフトウェア受託開発
 通信システムのソフトウェア開発
 インフラシステムのソフトウェア開発
 ヘルスケアシステムのソフトウェア開発
 開発支援環境の構築
住所
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目15番16号
NMF新横浜ビル3F

沿革

1988年 組み込みソフトウェア受託開発を事業主体とした
『株式会社日本テレシス』を設立(初代社長 馬場一雄)
アナログ移動体通信組み込みソフトウェア開発に参入
通信機器組み込みソフトウェア開発に参入
1990年 横浜商工会議所会員となる
資本金1,510万円に増資
デジタル移動体通信組み込みソフトウェア開発に参入
人材育成強化プログラムスタート
(プログラムの一環として海外研修制度を開始)
1991年 計測機器組み込みソフトウェア開発に参入(リアルタイムOS開発含む)
1994年 株式会社テレシス・ワンへ資本参加
1995年 移動体通信公衆基地局組み込みソフトウェア開発に参入
1997年 デジタル移動体通信携帯端末アプリケーションソフトウェア開発に参入
2001年 Bluetooth® SIG Adapter会員となりBluetoothシステム開発に参入
2006年 BACnet™ビル管理システムソフトウェア開発に参入
2007年 放送システム機器ソフトウェア開発に参入
2008年 Android搭載機器のソフトウェア開発に参入
2011年 スマートフォン組み込みソフトウェア開発に参入
本社をNMF新横浜ビルへ移転
2012年 スマートメーター組み込みソフトウェア開発に参入
照明システム組み込みソフトウェア開発に参入
2015年 HEMS機器アプリケーションソフトウェア開発に参入
2016年 公式ホームページリニューアル
 
loading